女の人と赤ちゃん

強く妊娠を望むなら不妊治療を受けてみよう【二人の赤ちゃんの為に】

月経痛の軽減は可能か

妊婦

女性にありがちな生理トラブル、これはホルモンバランスの乱れが顕著なることによって引き起こされます。この症状を改善していくためにはピルを使った対処法がおススメです。ピルにはホルモンバランスを改善する効果があるため、大阪の医療機関で処方を受けて賢く活用していくのです。

Read

妊娠しやすい体になるには

看護師

妊活サプリで代表的なものは血流とホルモンバランスを整えるマカと、着床促進や受精卵の成長を助ける葉酸があります。飲み方は食後・食間がお勧めです。女性か男性のどちらかだけが飲むのではなく、マカなどは夫婦で一緒に飲むことがお勧めです。

Read

妊娠を望む方へ

カップル

不妊治療で気をつけることは、パートナーと協力して行うことです。妊娠をすることができるのは、女性の排卵の時期しかありません。そして、排卵の時期というのは、1ヶ月の中でも限られた期間しかないため、その日を狙って、タイミングをとらなければなりません。しかし、ここでパートナーの協力が得られないことには、上手く妊娠のタイミングを計ることができないのです。そのため、自分だけの力ではなく、パートナーとの協力が不可欠となってくるのです。この協力を行うポイントとして、普段から妊娠や不妊治療についてしっかりと話し合っておくことが大事です。お互いに、不妊治療への知識を深めることによって、より協力をして取り組んでいくことができるからです。

近年、不妊治療を受けている方が増加している理由として、自然に妊娠をすることができる夫婦が減ってきていることが挙げられます。以前であれば、排卵日を狙ってタイミングをとることは、さほど難しいことではありませんでした。しかし、毎日の残業や飲み会などによって、帰りが遅くなり、そのタイミングを取ることが難しくなってきています。さらに、若いうちほど、妊娠ができる能力はお互いに高いですが、近年は男性も女性も晩婚化が進み、婚期が遅くなってきています。そして、いざ子どもが欲しいと思った時に挑戦はしてみるものの、なかなか妊娠することができにくい時期となっているのです。このような原因があり、不妊治療を受ける方が増えてきています。

摂取方法と選び方

ベイビーと女性

葉酸サプリは妊娠がわかってから摂取するようにしましょう。妊娠6ヶ月以降はそこまで摂取しなくてもかまいません。葉酸サプリを選ぶ基準としては、1日400マイクログラム取り入れることができること、天然由来であること、ビタミンB12が配合されていることです。

Read